メンテナンスしやすい注文住宅にするための工夫

長持ちする家にするために注文住宅建設は建材やメンテナンスにも注目

メンテナンスしやすい注文住宅にするための工夫

つみきの家

家の寿命

注文住宅を検討する際に重要なのが、「いつまで住み続けられるのか」ということです。注文住宅の相談を西尾市や川口市の業者で行なう際、デザインや間取りに夢中になってこれを確認するのは忘れがちです。
アフターメンテナンスをプランで提案している住宅メーカーもあるので、そもそも建材がどれだけもつのか、メンテナンスはどのようにすれば良いのかを確認しておきましょう。

模型

気密性があって丈夫な家

アフターメンテナンスの費用をできるだけ低く抑えるためには、建材や設計の初期投資にお金をかけましょう。
建材は太く、丈夫なものを使えば長持ちしますし、基礎部分にはシロアリ対策をしておくべきです。また、気密性があってかつ換気もできる家だとカビが生えにくく長持ちする家を西尾市に建てられます。

役立つアフターメンテナンスランキング

no.1

床下点検

基礎となる部分なのでメンテナンスの中でも重要な部分です。基礎部分に不具合が起こってしまっても見えないので、アフターメンテナンスがあると一番助かるでしょう。湿気がたまらないように適切な対策をしてくれます。

no.2

外壁点検

外壁塗装は数ミリ程度しかありませんが、あらゆる外的要因から家を守ってくれます。経年劣化することでその効果が薄らいでしまいますが、劣化の判断は難しいものです。そのため点検があるととても助かるとの声が多いのです。

no.3

リフォームの提案

家が古くなってもリフォームをいつすれば良いのか分からない人は多いです。住宅診断をしたうえでリフォームを行なってくれる業者があるととても助かるでしょう。やはり床下や外壁が重視されるので、内装のメンテナンスは後回しになりがちです。

広告募集中