子供

乳児湿疹の原因を突き止めろ|迅速な対処が改善の鍵

健康維持に必要なもの

子供

常温で与えること

生まれてから半年くらいまでは、赤ちゃんに水は要らないものと考えられています。それは、母乳やミルクに栄養だけでなく水分もたっぷりと含まれているからです。生後半年を過ぎると離乳食が始まるので、それに合わせて水も飲ませるケースが多いです。赤ちゃんはまだ体内の機能が未熟であるため、水は常温で与える必要があります。冷たいと、赤ちゃんはお腹をこわすことがあるからです。また、水道水を使う場合は煮沸して冷ましてから飲ませる必要があります。殺菌するために微量の塩素が含まれていますが、その塩素が赤ちゃんにとって良くない場合があるからです。それ以外には、ミネラルウォーターを飲ませるようにすると良いと言われています。

ウォーターサーバーを使う

赤ちゃんに水を飲ませる時に、いちいち煮沸してから冷まして使ったりミネラルウォーターを買いだめすることも手間や時間がかかります。ウォーターサーバーであれば、一度家に設置するだけいつでもそのまま新鮮な水が飲めるようになることから高い評価を得ています。ウォーターサーバーによっては、水だけでなくお湯が出るタイプもあるので赤ちゃんのミルクを作る時にも便利であると言えます。余分なごみが出ることがないので環境にも優しく、無駄な手間や時間を削減することでその分違うことに時間を使うことが出来る点も人気となっています。定期的なメンテナンスを行うだけで、いつでも美味しい水が飲める環境があると健康にも美容にも良いと言えます。